R+house伊賀・名張 あなたが建築家と創る家 R+house あなただけの住まい方を始めましょう
中間検査。
2017.06.27
今週日曜日7/2に構造見学会を開催するW様邸「意外性が意表を突く凸拍子もない家」では今日、中間検査が行われました

午前中に第3者機関の厳しい検査を受け、午後は社内検査というスケジュールでした

第3者機関が厳しいとはいえ耐震等級3を裏付ける構造計算による図面通りの施工があれば何も怖れることなはくて、指示通りに施工されているかどうかの確認にすぎません

高気密・高断熱もそうですがきちんと理解した監督と意識の高い職人がいれば間違いない施工が約束されているのです


写真はこんなときにしか高いところに登らないので一番高いところから撮ってみました

私は高いところを得意としておりません

W邸中間
7/2構造見学会。
2017.06.26
最近なんだか右足の小指が痛くて靴下の縫い目が当たってるんだと思ってたら眼が

そう、ウオノメができておりました  痛いはずだわ

で、皮膚科へ行ったらちょいちょいと削られて治療はおしまい

痛みも取れてスキップしながら戻りました  なんのこっちゃ


さて今週の日曜7/2はちょっと久しぶりの構造見学会をW様邸「意外性が意表を突く凸拍子もない家」で開催します

高性能断熱パネルの施工状況や全棟気密試験に備えた気密処理の様子、構造計算に基づく耐震等級3を確保するための技術など見どころはアチコチにあります

なんといっても建ってしまえば見えなくなる部分でありながら、住宅の性能を左右する重要な行程を包み隠さず見ていただこうという自信をご覧いただきたいと思います

ご予約は不要ですからお出かけのついでにでもお立ち寄りください

しっかりじっくり話が聞きたいという方はご予約いただいてもけっこうですよ

お待ちしております

W邸構造
モデルハウスご案内。
2017.06.25
ここんところ梅雨らしいお天気です  恵みの雨とはいえやはり鬱陶しいです


昨日の午前中と今日の昼からお隣の滋賀県甲賀市にあるR+houseのモデルハウスにお客様を案内してきました

伊賀市からだと半時間くらいで着きます

R+house伊賀・名張はモデルハウスを持っていないので、とにかく見てみないと良さが分からないというお客様にご案内して、少し車で走っていただく了解が得られましたらご覧いただけます

コンスタントに完成現場があれば見学会でご覧いただけるんですけどね

昨日と今日の二組のお客様にはどちらもアトリエ建築家による優れたデザインと間取りに加え、高気密・高断熱の快適さがご理解いただけたかと思います

あとはじっくり家づくりの楽しさがお伝えできればと思っています

R+house滋賀南のみなさんご協力ありがとうございました

写真は以前におじゃました見学会のときです

貴生川モデル
外壁施工。
2017.06.22
三人のお子様の離れを建築中のN様邸は外壁を施工中です

最近よく使うガルバリウム鋼板ですがお客様の選んだ色はダークブラウン

シルバーやネイビー、白や黒は選ばれることがありますがブラウンは初めてです

これが思ったよりキレイでカッコいいんです

通常の規定サイズだと1階と2階の間でジョイントするのですが、ガルバはオーダーで長くできる利点を生かしてジョイントなしで貼っています

なのでスッキリとカッコよく見えるだけでなく、雨漏りの心配もなく満足いただいてます

足場が取れたらもっとスッキリ見えますのでお楽しみに

N邸外壁
雨対策。
2017.06.22
今年は空梅雨なんやろかと思っていたら昨日は明け方から嵐のような風雨でした

最近の天気予報はかなり的中するので雨が降ることは事前に分かるようになってきました

工事現場では外部の工事ができていない段階に雨が降ると内部まで濡れてしまいますので雨養生を施します


W様邸「意外性が意表を突く凸拍子もない家」でも一昨日の夕方にはシートによる養生を済ませて風雨に耐えました

W様の大切なおうちですから施工中も万全の気遣いで気持ち良く完成を迎えようとする現場監督スタッフと職人さんの心意気には頭が下がります

しばらくお天気が続きそうなのでシートをめくって作業再開です

W邸養生
凸です。
2017.06.17
晴れた日が続きます

昨夜は会社の歓迎会があり調子に乗りすぎたのでお腹の調子は悪くなっての仕事です


W様邸「意外性が意表を突く凸拍子もない家」は先日紹介の制震テープを貼った上から耐震性を高めるための構造用合板がほぼ張り終わりです

どうです、このデザイン

名前の由来となった凸型なんです

まさに凸なんです

足場とシートがジャマしてますが凸なんです

楽しみで仕方なくなってきましたよ

W邸凸